<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

レーシック治療とは?

  << 近視レーザー治療(レーシック治療)とは? >>


  メガネやコンタクトレンズを使用しなくても良いように、近視や乱視を医療用レーザーを
  用いて正確で安全に裸眼視力を回復させる方法としてレーシック(さらに正確で安全な
  イントラレーシック)があります。

  スポーツや美容上など様々な理由で、メガネやコンタクトレンズを使用せずに裸眼視力
  を回復したい人のための治療法です。


  レーシックを簡単に説明しますと、角膜に医療用レーザーを照射することによって
  近視を根本的に治療する新しい視力矯正方法です。

  

  最近、レーシックは日本でも非常に注目を浴びて大人気ですが、まだまだレーシックに
  不安を感じている人は多いと思われます。


  しかし、このレーシックの歴史は古く、1869年頃から角膜に手を加えることにより近視を
  治療しようという発想があり、数多くの研究データや症例データが蓄積されており、それ
  をもとにして確実に進化発展した画期的な近視治療法なのです。


  レーシック(LASIK)の語源は「角膜を修正する」ですが、レーシックはメガネや、コンタクト
  レンズのようにただ装着するだけの受動的な矯正方法ではなく、角膜を医療用レーザー
  で正確にしかも安全に薄く削り取って角膜の形状を変化させ、目に入ってくる光の屈折率
  を矯正します。


  レーシック手順の簡単な解説は下記をクリック。
     ↓  ↓  ↓
  レーシックの視力矯正方法

  

  裸眼視力そのものを回復させるわけですから、メガネやコンタクトレンズを
  使用する必要がなくなります。


  当然、個人差はあるもののメガネやコンタクトレンズを用いたときと同様、もしくはそれ以上
  の視力回復が期待できます。


  最近ではタイガーウッズをはじめ、多くのスポーツ選手の方々や各界の著名人が実際に
  レーシックを受けその恩恵を受けています。


  松坂大輔投手や歌姫倖田來未さんもレーシックを受けています。


  また、一般の方々の間でも、レーシックの安全性、術後の視力回復効果、そして低価格が拍
  車をかけて浸透しており、レーシックで裸眼視力を手に入れる人々が増加し続けています。  


  近年では通常のレーシックを上回る最新医療レーザーを用いた「イントラレーシック」がアメリカ
  を中心に人気を呼び、ここ日本でも希望者が急増しています。


  また、価格も数年前では40〜50万円と高価格でしたが、最近では需要の伸びから低価格の
  20万円以下に抑えられています。


  これらの近視レーザー治療法である「レーシック&イントラレーシック」を受けることによって、
  再びあの快適な裸眼生活を手に入れることが出来るようになるのです。


  しかし、実際に「レーシック&イントラレーシック」を受ける場合には、レーシックやイントラレー
  シックを受けることによって期待できる効果や結果、それに伴なう注意事項などの基礎知識を
  しっかりと身につけてからチャレンジする必要があります。  


  また、レーシック治療後の視力回復は手術当日から実感できますが、角膜や視力が安定する
  には1〜3ヶ月ほどかかるようです。

  
  その後はメガネやコンタクトレンズのわずらわしさから開放された裸眼でもはっきりと見える人生
  が待っています。


  
  実際に行われているレーシックについてさらに詳しく知りたい方は、下記の眼科クリニック
  のホームページにレーシックについての手順や注意事項が掲載されています。


  現在、日本で人気で有名な眼科クリニックをご紹介しておきます。
  眼科クリニックの施設によって多少の違いがありますが、非常に参考になるでしょう。

      ↓    ↓    ↓



レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ