<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

進化するレーシック手術の種類とその特徴

   【進化するレーシック手術の種類とその特徴】


   ・それぞれのレーシック手術の特徴をつかんでみましょう。


   [ レーシック : LASIK ]

   現在における、もっとも一般的な視力矯正手術方法であるといえます。近年日本でもその
   認知度が急速に高まり、最近ではどこのレーシック眼科でも順番待ちが多いようです。


   [ エピレーシック : Epi−LASIK ]

   エピケラトームという、呼ばれる機材でフラップを作成します。レーシックに比べて、フラップを
   薄く作成できるので、レーシックが適用外になった方でも、視力矯正をすることができます。
   しかし、術後2〜3日は痛みがあり、視力回復までに、1〜2週間時間が必要です。


   [ イントラレーシック : INTRA-LASIK ]

   フラップ作成にイントラレースFSレーザーを使用する最先端のレーシックです。フラップ作成を
   コンピューター制御で行うことができるので、従来のレーシックでフラップ作成困難だった方で
   も、安心して手術ができます。しかも、マイクロケラトームなどの機械操作の熟練を要しないた
   め比較的若い眼科医が行っても安定した結果が得られます。


   [ ウェーブフロントレーシック : Wave-front LASIK ]

   術前検査を正確に行うために、ウェーブフロントアナライザーという機器を使用します。
   術前実施方法なので、レーシック、Epi-LAISK、イントラレーシックなどと組み合わせて
   実施が可能です。


   [ アイレーシック : iLASIK ]

   NASA(米航空宇宙局)が認めたレーシックの手法で、上記イントラレーシックで使用する
   イントラレースFSレーザーとウェーブフロントレーシックの組み合わせた方法です。

   つまり、
   「イントラレースFSレーザー」+「ウェーブフロントレーシック」=アイレーシック
   です。


   現在、「イントラレースFSレーザー」+「ウェーブフロントレーシック」の組み合わせの
   可能な眼科クリニックは、左サイドのバナーで紹介している「神戸クリニック」
   「品川近視クリニック」「神奈川クリニック眼科」「錦糸眼科」が有名で人気の施設です。


   [ CR−レーシック ]

   手術はクリーンルームで行われます。クリーンルームで行われることで、感染症の発生を
   抑え、安定したレーザー照射ができます。クリーンルームで行うレーシックをいいます。


   [ PRK ]

   フラップ作成をしないため、角膜が薄い方や、スポーツ選手、格闘技などの、激しいスポーツ
   をされる方に向いていると思います。

   ★ どちらを選択するにしても、術前に担当眼科医とよく相談して納得してから視力矯正
     手術を行うことがとても大切です。



l-4.gif




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ