<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視を良くするための正しい姿勢

   近視を良くするための正しい姿勢


   近年、インターネットの普及や会社でのパソコン導入により近業が多くなりました。
   家庭でも一家に一台、場合によっては1人に一台の時代になっています。


   そしてパソコンを使用する機会が多くなった環境の変化により、近視が増加傾向にあると
   考えられているのです。


   その原因はパソコンにあることは言うまでもありませんが、このパソコンがなぜ問題となる
   のでしょか?


   まず、モニターを見る距離が近くなることです。モニターからは微量ではありますが有害な
   紫外線や電磁波が出ています。しかもテレビと違ってキーボードやマウスの関係上どうし
   ても距離が取れません。


   また、深夜でのインターネット利用による睡眠不足も助長しています。
   眼は一日中パソコンを注視しているため休まる時間がありません。


   さらには、パソコンでモニターを注視するときは、まばたきの回数が少なくなり眼の表面が
   乾きやすくなり眼の疲労度を増します。


   今後、社会的現象でもあるパソコンの普及率は上昇するものと考えられます。したがって、
   このパソコンと上手に付き合って行くことが要求されます。


   この便利で楽しい、時には辛くなるパソコン生活と近視の関係について考え、近視になら
   ないための出来る限りの対策を考えましょう。また、その他、近視に影響するだろうと思わ
   れる事柄について考えて見ましょう。


   パソコン使用時の注意点

     ・モニターは眼から50〜70cm離すよう心がけ、眼の位置から10〜15度下向きにおく。
     ・1日の作業時間は4時間、1回の使用時間は1時間以内にし、必ず休憩を入れる。
     ・モニターと視線が同一視点に姿勢を保つ。
     ・意識的にまばたきを多くする。

   眼をいたわる読書の仕方


     ・本との距離を保ち、正しい姿勢で読みましょう。
     ・35〜45cmが読書の最適距離です。
     ・近視の人は背筋を伸ばして、猫背に注意しましょう。
     ・体を緊張させたり、不自然な姿勢をしないように心がけましょう。
     ・うつぶせに寝転んで読むのは最悪です。
     ・適切な光量をとりましょう
     ・光量が足りないのもいけませんが、逆に太陽光のもとなど、
      強すぎる光の真下なども不適当です。
     ・動いている乗り物の中での読書はやめましょう。
      電車やバスのような、揺れ動いている乗り物の中では、
      読み飛ばしが起きないように必要以上に目が緊張します。
      また、満員電車の中ではひじを折りたたんで非常に近い距離での
      不自然な読書を強いられますので止めた方が良いでしょう。


      k-9.gif


   眼にやさしいテレビの見方


     眼とテレビの距離は、一般に離れて見たほうが良いといわれていますが、
     あまり離れすぎても視点が1点に集中してしまい逆に疲れます。
 

     最適な距離は「現在のテレビ(走査線525本)の場合は、画面のたての長さの
     7倍ほど離れれば走査線の一本一本が識別できないので見やすく目も疲れ
     ない」(NHK放送技術研究所)ということだそうです。


     これをもとに計算すると、25型テレビで約2.7m、29型テレビで約3.1mが適正
     距離になるそうです。


     最近では、テレビが大型化していますが、部屋の広さを考慮に入れて理想的
     な距離を取るようにしたほうが良さそうです。


     また、最近増えてきた液晶やプラズマ・モニターの場合は、ブラウン管式のものに
     比べてそれほど距離を取らなくても良いようですが、それでもなるべく離れて見る
     ようにしたほうが良いでしょう。


   テレビと照明


     ・出来るだけ明るい部屋でテレビを見ましょう。
      テレビと周囲の明るさの差がありすぎると正常な眼のはたらきが阻害され、緊張
      を引き起こすからです。
     ・出来るだけ目線と同じ高さで見ましょう。
      眼の高さよりやや低めの位置がリラックスして見られます。
     ・テレビからは微弱ですが電磁波が放出されています。電磁波は眼の疲れや細胞
      代謝などに影響し、不眠症や、肩こりを発生し筋肉が疲労するのだそうです。
      最低1メートルは離れたほうが良いでしょう。 
     ・テレビを見る時間は、最長で2〜3時間までとし、その間には15分程度の休憩時間
      をとり眼の緊張をやわらげることが理想です。
 





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ