<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視を良くする食事

   近視を良くする食事


   現在の食生活は多様化し、様々な栄養素についての関心も深まり知識も豊富になってきました。
   しかし、その反面、安易な調理ですむインスタント食品やファーストフードの摂取機会が多くなり、
   栄養のバランスが崩れがちになっています。また、偏食や深夜の食事などの食生活の乱れが身
   体に影響を与えていることは周知の事実で、眼にも大きな影響を与えています。そこで、近視を少
   しでも良くする食事や食生活について考えて見ましょう。

   近視を治すための食生活


     ・朝食はかならず食べましょう

       最近、朝食を摂らない方が多くなってきているようですが、栄養不足は近視になりやすい
       体質になってしまいます。朝食をしっかりとって、午前中の栄養不足を防ぎましょう。


     ・好き、嫌いをなくしましょう

       偏食は近視を助長します。偏食をすることにより栄養のバランスが偏ってしまい眼に
       必要なビタミン類やカルシウム類が不足がちになり、近視になりやすい体質になって
       しまいます。好き嫌いをなくし近視になりにくい体質にしましょう。
       

     ・ビタミンA不足は鳥目を招きます

       vegi.gif

 ビタミンAが不足すると、鳥目になりやすくなったり、
 その他の病気に罹りやすくなります。

 ビタミンAが多く含まれる食材としては、にんじん、
 ほうれん草、かぼちゃ、ねぎ、うなぎなどがあります。


     ・お菓子の食べすぎに注意しましょう

       甘いものを多くとりすぎると、血中のアルカリ濃度が低下し、眼球の形成に必要なカルシウ
       ムの働きが悪くなってしまい、強膜の弾力が衰え、眼球が楕円形になってしまう可能性が
       あります。


     ・ビタミンB1不足は視神経炎を招きます

       ビタミンB1は視神経の働きを円滑にします。ビタミンB1が欠乏すると体が疲れやすく、視神
       経炎になる可能性があります。ビタミンB1が多く含まれる食材としては、豆類、ハム、豚肉、
       緑黄色野菜などがあります。


       近視を治すための栄養素で、いちばん大切な栄養素はビタミン類で、なかでもビタミンAが
       もっとも大切です。ビタミンAが不足すると、暗いところでよくものが見えない夜盲症(鳥目)
       や、結膜や角膜が乾燥してしまいます。 また、ビタミンB1が不足すると脚気(かっけ)にな
       ることはもうご存知だと思いますが、同時に視神経の異常を起こすことがあります。

       ビタミンCの不足は船乗りに有名な壊血病を起こしますが、そうなると、結膜、網膜、眼窩
       などに出血を見るようにもなります。


       近年の食生活の向上により、上記のような栄養素の不足からくる眼の病気はほとんどな
       くなっていますが、その反面、偏食や無理なダイエットは身体他の部分を悪くしてしまう可
       能性があります。そして同様に、眼にも悪影響を与えますので注意が必要です。


       まとめ


       ビタミンA:網膜中の桿体、錐体視角要素を形成し、明暗視に働きます。
             特に桿状体にビタミンAが多く必要と言われています。

       ビタミンB1:視神経の働きを助けます。

       ビタミンB2:眼へのエネルギー補給と粘膜の強化に役立ちます。

       ビタミンC:水晶体の酸化防止と、白内障の予防。

       カルシウム:眼球の強膜の形成と水晶体の透過性の保持に役立ちます。




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ