<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視と緑内障

   近視と緑内障


   緑内障は徐々に視野が狭くなり最後には失明することもあります。
   この緑内障は、近視の程度の強い人が罹りやすい傾向があることが分っています。


   緑内障とは眼球の圧力が高くなり視神経の機能に影響を与え、視力が低下する
   病気です。一般に近視の人は眼球が前後に長く視神経が眼圧の影響を受けやす
   いためと考えられています。ただ、厄介なことに自覚症状が少ないことです。


   緑内障は、角膜などに栄養を運搬する房水の排出が悪くなって眼球内圧力が高まって、
   目の奥の視神経線維集合部位である乳頭が変形などを起こし、視神経に影響を与えて
   視力が低下する病気です。




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ