<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視と白内障

   近視と白内障


   近視の人、特に強度近視の人は白内障になりやすいという事は以前から知られています。
   男女とも20才以下で近視になった人を対象に調査を行ったところ、水晶体の内側の面に
   発生する後嚢下白内障が数倍の頻度で観察され、特に女性の方に多かったという報告が
   あります。


   また、近視でも軽度、中等度、高度に分けた分析では、より近視の強い人ほど後嚢下白内
   障の頻度が高い結果となってるようです。


  <白内障とは?>


   正常な水晶体は無色透明でよく光を通します。しかし、何らかの理由で水晶体の内部の
   タンパク質が変性して濁ってくることがあります。透明だった水晶体が濁ってしまうため、
   外からの光がうまく通過できないため光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなります。
   その結果、視力低下などの症状が起こってきます。この現象が白内障です。


   白内障の原因は、加齢によるものが最も多く老人性白内障と呼んでいます。
   どなたの水晶体でも加齢と共に多かれ少なかれ濁ってきます。
   加齢による白内障を完全に予防することはできません。


   加齢の他、白内障を起こす原因には、



   ● 糖尿病やアトピー性皮膚炎の合併症として起こるもの。
   ● 長期にわたるステロイド薬の使用による副作用から白内障を起こす場合。
   ● 虹彩、毛様体、脈絡膜に炎症や、他の目の病気に引き続いて白内障を併発する場合。
   ● 強度近視による白内障。


   などが挙げられています。





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ