近視から発展する病気

 近視,近眼は治療,手術で治る時代です!

何度も申し上げていますが、
近視は痛みなどの症状が無いためほったらかし状態が多いようです。
しかし、近視は長期間にわたって放置すると強度近視になってしまい、
また、そこから厄介な緑内障や網膜剥離へと発展してしまうことがあり注意が必要です。

<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視から発展する病気 MENU

近視と緑内障
   近視と緑内障    緑内障は徐々に視野が狭くなり最後には失明することもあります。    この緑内障は、近視の程度の強い人が罹りやすい傾向があることが分っています。    緑内障とは眼球の圧力が高くなり視神経の機能に影響を与え、視力が低...
 この記事の詳細を見る...
近視と網膜剥離
   近視と網膜剥離    網膜剥離の原因には、加齢、糖尿病、アトピーなどがありますが、近視も網膜剥離の    原因のひとつになっています。    近視が原因だとしたら、もちろん若い人でも網膜剥離になる可能性があることになります。    現...
 この記事の詳細を見る...
近視と白内障
   近視と白内障    近視の人、特に強度近視の人は白内障になりやすいという事は以前から知られています。    男女とも20才以下で近視になった人を対象に調査を行ったところ、水晶体の内側の面に    発生する後嚢下白内障が数倍の頻度で観察...
 この記事の詳細を見る...
その他/角膜感染症
  ■その他/角膜感染症■    角膜感染症    角膜感染症とは、角膜に細菌やウイルスが感染し炎症を起こすものです。     角膜感染症に罹ると眼の痛みや、ゴロゴロ感、充血といった症状が現れ、    日常生活に支障を起こします。    角...
 この記事の詳細を見る...


レーシック 視力回復
Last UpDate 2014年4月19日
´
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ