<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視の治療法

  ■近視の治療法■


  不幸にも近視になってしまい日常の生活に不便を感じるようになったら、視力を回復させるための
  治療、つまり視力矯正が必要となります。


  現在では近視の視力矯正方法として、次のことがあげられます。


     ・メガネ、コンタクトレンズによる視力矯正

        もっとも一般的で、気楽に行なうことのできる視力矯正方法です。
        近視では凹レンズを使用して視力矯正を行ないます。
        角膜や水晶体での屈折力を凹レンズで緩和して、焦点をあわせます。

     ・手術による視力矯正

        角膜を手術で薄くし、光の屈折率を変化させ視力の矯正を行ないます。
        手術方法には以下のものがあります。

            角膜をメスで放射状に切開するRK手術。
            レーザーで角膜を薄くするPRK手術。
            PRKの改良したもので、角膜にフラップを作るレーシック手術
            角膜の周囲にリングを埋め込み屈折率を変形させるICR手術。
            ICRについては、費用や、リスクが高かったり、視力が
            回復しなかったりと、欠点も多いようです。

      ・オルソケラトロジー

            睡眠時に特殊なハードコンタクトレンズを装着し、角膜形状を変化させ、
            近視を矯正させる方法です。日中は裸眼で生活できます。


      ・視力回復トレーニング

            遠近法や医療用具などを用いて視力を回復させるトレーニングです。






レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ