<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

視力矯正法の利点と欠点の一覧表

  ■視力矯正法の利点と欠点の一覧表■

視力矯正法の利点と欠点の一覧表
 メガネの利点   メガネの欠点 
・直接眼に触れることが無いので安全
・酸素を100%供給できる
・ファッションが楽しめる
・お手入れが簡単
・簡単にかけたり、はずしたりできる
・紫外線を防止できる
・遠近両用がある
・費用が抑えられる
・度数に強くなるにつれ、レンズが厚くなる
・運動するとずれやすくスポーツには向かない
・眼とレンズの間に少し距離があるため、慣れるのに時間がかかる
・近視の場合、眼が小さくみえてしまう
・遠視の場合、眼が大きくみえてしまう
・メガネは熱に弱い
・ファッション性が損なわれる場合がある
・視野が制限され狭くなる
コンタクトレンズの利点 コンタクトレンズの欠点
・直接眼に装用するのでプリズム作用・収差がない
・コンタクトレンズをしていることが見た目には分からない
・強い近視や遠視、乱視に適している
・スポーツやメガネが使用できない職業に適している
・1日タイプの使い捨てコンタクトレンズはお手入れが簡単
・視野が広く約200度ある
・度が強くても物が小さく見えたりする事がない
・気温、湿度の変化にもやレンズが曇らない
・眼に直接装用するので酸素の供給がすくない
・洗浄や保管のお手入れが面倒
・ハードレンズは紛失しやすい
・コンタクトレンズがずれてしまう場合がある
・ゴミなどが眼に入ってしまうと痛く傷が付きやすい
・眼に傷などがある時などはコンタクトレンズを着用できない
・長時間使用できない
・定期検査を受けなくてはならない
視力回復トレーニングの利点 視力回復トレーニングの欠点
・習慣づけることにより矯正効果がある
・予防効果が期待できる。
・目への外科的負担がない。
・いつでも何処でも気軽にできる
・後遺症や合併症がない
・効果が現れるまで時間がかかる
・個人差がある。
・長期的・継続的トレーニングが必要である。
・強度の近視の方には不向
レーシックの利点 レーシックの欠点
・裸眼で快適な日々を過ごす事ができる
・短時間の施術で終了する
・痛みをほとんど伴わない
・永続的な視力矯正効果がある
・強度近視、強度乱視の場合でも手術可能
・術後の角膜混濁や近視の再発が非常に少ない
・失敗のリスクはあるもののほとんど失敗がない
・合併症がほとんどない
・イントラレーシックの場合、執刀医の経験はほとんど関係ない
・目の状態や病気により適用できないことがある
・一時的な手術費がかかる
・不可逆的外科手術であるため、失敗や後遺症などのリスクがある
・夜間視力が低下することがある
・比較的新しい技術のため、長期にわたる安全性が実証されていない
・術後の生活にある程度の制約を受ける
・通常のレーシックの場合、執刀医の手術経験の熟練を要する
・100%成功するとは限らない





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ