<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

視力回復トレーニングの利点の欠点

   ■視力回復トレーニング■


   近視の方の多くは、近くにあるものを良く見ますが、なかなか遠くの物を見る機会があり
   ません。ですから、ますます近視の進行が進み、水晶体や毛様筋の機能が衰えてしま
   うのです。


   眼は近くのものを見る時は毛様筋が緊張し、水晶体を厚くし焦点を合わせようします。
   また、逆に遠くのものを見る時には毛様筋の緊張を解いて水晶体を薄くしようと働きます。


      l-5.gif
  前述のごとく、近視とは毛様筋の緊張によって
  遠くを見ることが困難になっている状態です。

  しかし、近視の人でも遠くの一点を見ようと意思
  が加わると、水晶体は薄くなろうと働きます。

  この遠くを見つめる訓練を繰り返して行なうと、
  毛様筋、水晶体が次第に正常な正視へと回
  復してゆく事を期待します。


   これが遠方凝視訓練といい、視力回復トレーニングのひとつです。

   この方法は、衰えた毛様筋を鍛えて水晶体のピントが合う範囲を広げようとする体操と言えま
   す。方法はいたって簡単で、一度近くを見てすばやく遠くに目を移して凝視するだけです。




     <視力回復トレーニングの利点の欠点>


   視力回復トレーニングの利点


   ・習慣づけることにより矯正効果がある
   ・予防効果が期待できる。
   ・目への外科的負担がない。
   ・いつでも何処でも気軽にできる
   ・後遺症や合併症がない


   視力回復トレーニングの欠点


   ・効果が現れるまで時間がかかる
   ・個人差がある。
   ・長期的・継続的トレーニングが必要である。
   ・強度の近視の方には不向





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ