<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

視力が大切な資格

   <視力が大切な資格・職業>


   近視になると、小さな頃の夢だったパイロットにはなれません。
   また、激しい運動を行うサッカー選手にもコンタクトもしくは
   レーシックなどの視力矯正を行わない限り夢は叶いません。


   jet1.gif


   ここでは、視力が大切な職業を挙げてみました。

   小さな頃の憧れである職業やプロスポーツ選手になることを諦めてはいけません。
   まだまだ、諦めるには早すぎます。可能な限り近視、近眼を克服して夢が叶うよう
   頑張りましょう。

 定められた視力が必要な職業

定められた視力が必要な職業
 職種  適正基準(矯正視力) 
パイロット(第1種)両眼共に裸眼で1.0以上の遠距離視力を有すること。
パイロット(第2種)両眼共に裸眼で0.7以上の遠距離視力を有すること。
普通自動車両眼で0.7〜0.8以上、片眼でそれぞれ0.3以上。
*眼鏡・コンタクトレンズ使用でも可。
原動機付き自転車両眼で0.5以上
小型特殊自動車両眼で0.5以上
オートレース両眼0.6以上
大型免許/第2種免許両眼で0.8以上かつ、片眼でそれぞれ0.5以上
船舶免許 両眼共に0.6以上
競艇両眼0.8以上
消防士両眼とも1.0以上(矯正視力の場合は、裸眼視力0.1以上)
※消防士は市町村によって視力の基準がことなります。

   <スポーツ選手>


   メガネの使用が禁止されているスポーツがたくさんあります。
   サッカー、バレーボール、バスケットボールなどなど・・・
   また、視力が低下しますと動体視力も著しく低下し、大きなハンディキャップとなります。




 


レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ