<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

視力矯正が必要な近視の程度とは?

  ■視力矯正が必要な近視の程度とは?■


   <視力矯正が必要な近視の程度とは?>


   近視になると、遠くの物が「ピンぼけ」になってしまいます。
   学生の場合には、後ろの席で黒板の文字が見えずに不自由したり、社会人では、
   すれ違うときに、にらみつけるような視線になるためトラブルが生じたり、良く見えな
   いために注意力が散漫になって、思わぬ失敗をすることがあります。


   軽度の近視では、眼を細めるとある程度焦点が合ってしまうので、メガネやコンタクト
   レンズによる視力矯正は必要なく、日常生活において不自由しない場合が多いようです。

 
   しかし、中程度以上の近視では、眼を細めてもはっきり見えなことが多々あり、日常生活
   に支障を生ずる場面が多くなります。


   できればあの煩わしいメガネやコンタクトレンズは使用したくないものです。
   しかし、日常生活において支障が生じるようになれば視力矯正は必要になります。
   では、近視のどの程度から視力矯正をすればいいのでしょうか?

    【片方だけ近視の場合】


   片方だけが近視がになり、良い方の視力が0.7以上ある場合には、日常生活において
   不自由を感じないことが多いようです。
   両眼で見て、0.7以上の視力があれば、ほとんどの人は視力矯正の必要はありません。
   0.7以上の視力は、自動車の免許を受ける際の目安で、夜間の運転に支障がないとされ
   た状態です。
   

   学生の場合では、一番後ろの座席から黒板に書かれた普通の大きさの文字が充分に
   判読できる程度といえます。


   片方の視力が悪い場合には、眼が疲れやすくなることがあります。
   あまりにも疲れやすい場合にはやはり視力矯正を行ったほうが良いでしょう。


   【両眼とも視力が悪い場合】


   不幸にも両眼とも近視になってしまい視力が低下した場合には、
   早めに視力矯正を行うべきです。
   日常生活では、0.3以上の視力が必要といわれています。



   【強度の近視の場合】


   強度の近視がある場合は、眼科医と相談してから視力矯正を行ったほうが賢明です。
   強度近視の場合には他の眼の疾患になりやすい場合があるからです。
   また、メガネをかけても十分な視力が出ない場合があります。
   これは、近視補正のレンズが凹レンズであるために、強い度数の場合物が小さく見えて
   しまうためです。


   強度の近視がある場合には、コンタクトレンズを装着したほうがいい場合があります。
   また、最近話題のレーシックで対応できる場合(イントラレーシック)もありますので、
   相談してみるのも良いでしょう。






レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ