<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視の度数

   近視の度数


   あなたの近視の強さはどれくらいですか?
   と聞かれたら、即座に答えられるでしょうか?

   k-11.gif

   一般の人は、「視力が0.5くらい」だとか「0.01くらいです」というふうに
   答えるのではないでしょうか。


   この答え方は裸眼視力のことで、近視の程度を表すのもではないのです。
   よく眼科や眼鏡店の人は「マイナス7Dくらい」とか言って「D:ディオプトリー」
   を使用します。


   D:ディオプトリーとは、近視、遠視、乱視などの屈折異常の程度、つまり、
   その屈折異常を完全に矯正できるレンズの度数で表すことになっているのです。


   近視の眼は凹レンズで矯正されますが、その凹レンズはマイナスですので、
   近視の度数は、マイナスD:ディオプトリーで表現します。

   近視の程度は以下のように分類しています。


    程度        近視の度数        裸眼視力の目安

   軽度近視       -3D未満           0.1前後
   中等度近視      -3D以上-6D未満     0.04-0.1
   高度近視       -6D以上           0.04未満


   近視は、その度数によって「軽度近視」、「中等度近視」、「高度近視」の3つに分けられます。
   近視の度数はD(ジオプター)という単位を用いて、数字の前に「マイナス」をつけて表されます。

   近視の度数を表現するのには、D(ディオプトリー)という単位で表現されます。


   D(ディオプトリー)という単位をさらに説明すると、レンズの焦点距離の逆数であり、
   目のはっきりと見えるもっとも遠い距離の逆数でもあります。ちょっと難しいですね。


   近視の度数表現の医学的な分類は次のようになっています。


      ・軽度近視    -3D未満
      ・中等度近視   -3D以上-6D未満
      ・強度近視    -6D以上-10D未満
      ・最強度近視   -10D以上


   次のような分類もあります。


      ・軽度近視   -2D未満
      ・中強度近視  -2D以上-4D未満
      ・強度近視   -4D以上-6D未満
      ・最強度近視  -6D以上


   6Dを境に、強度近視だといえるようですが、これは医学的な
   分類にすぎません。
   




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ