<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

遺伝と環境の複合要因

 
  遺伝と環境の複合要因


   近視の原因は前述のように個人個人の遺伝的要因や、その人が生活する環境要因
   が影響していると考えられていますが、その要因ひとつひとつが独立して近視になる
   のではなく、複雑に絡み合って発生するものと考えられています。


   現在では、文明の発展や環境の変化により、様々な機器の発達、遊びの変化、時代の
   変化があります。これらの時代の変化と共に眼に負担のかかる要因が増えています。


   これらの現代社会における生活習慣や、生活環境の変化が近視に大きく影響を与えて
   いるものと考えられます。

k-12.gif
つまり、一般的な近視の場合、遺伝的要因だけでなく
環境も大きく影響し、勉強、読書、コンピューター、テレビ、
といった近くを見る作業を長く続けていると、眼が疲れ、
好ましくないのはいうまでもありません。


しかし、こういったことが近視の原因になっているかどうか
のはっきりした証明は、現在のところありません。





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ