<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

環境的な要因

 
  <環境的な要因>


   近視の要因として、1番先に思い浮かぶのが、
   「本の読みすぎ?」「勉強のしすぎ?」ではないでしょうか。


   実際、一般的な近視(単純近視など)で、1番多い要因は
   勉強のしすぎ、本の読みすぎ、ゲームのしすぎ、といった
   環境的な要因だと考えられています。


    book01.gif

   長く、こういったことを持続させれば、目によくないのは一目瞭然なのですが、
   この環境的な要因も確立されたものではありません。


   現代の日本人は、近くを注視する機会が多くなり、環境要因による、視力低下
   になりやすいとも、考えられています。


   遺伝的要因は防ぐことはできませんが、環境的要因は、「正しい姿勢で物事をする」
   「適度に目を休ませる」など予防策はいくつかあります。
   環境的要因は眼球に変化のないことがいえます。


   この環境要因では毛様体筋の衰えは読書やPCなど近業のし過ぎが原因とされますが、
   遠方を見る事の少ない環境で、毛様体筋が使われなくなり衰えてしまうと考えられます。


   そして、メガネやコンタクトレンズが毛様体筋の代わりに視力を調整しますので、ますます
   筋力が衰え近視が進行すると考えられています。






レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ