<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

遺伝的要因

 
   <遺伝的要因>


   身近な人か、周りの人で、「あそこの家族はみんな目が悪いんだね」
   などと、思ったことはありませんか?


   視力低下における、遺伝的な要因は確立されているものではありませんが、
   親が近視の場合、子供が近視になる可能性は比較的高いと思われます。

   
   現時点では、近視の遺伝率は89%とかなり高率であり、また近年の研究で
   関連する遺伝子も特定されたようです。

dna1.gif


   親から子への遺伝要素が複雑にからんでいるのだと考えられています。
   病的近視への遺伝要素も大きく密接があり、強い近視は遺伝的要因が影響
   していると考えられています。


   通常近視は幼児期からはじまり、青年期で進行し、成人で止まると考えられて
   います。遺伝的要因においては、何歳ではじまって、何歳で止まる。というのが
   生まれつき決まっていて、結合組織の弱さなども考えられています。





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ