<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

病的近視

   <病的近視>


   単純近視とは違い、幼児期の段階から始まります。
   なんらかの視覚障害があったり、先天性の軸性近視だったり、
   合併症などで、眼軸の長さが長くなったりします。


   その他、進行性禁止(悪性近視)というものもあり、幼児期に始まっても、
   進行が早く、強度の近視になる場合があります。


kinsi-L.gif

   眼軸の長さが長いということは、近視の度合いがかなり進んでおり、
   メガネをかけても、正常視力(1.0)まで矯正することはできず、眼球が
   大きくなっているため、網膜が伸ばされてしまい、薄くなり、目を少しうった
   だけでも、網膜がわれたり、出血したり、網膜が眼底からはがれてしまう。
   という症状もひきおこしたりします。(網膜剥離といいます)


   発生原因は不明とされ、遺伝も関与しているのでは、といわれていますが、
   はっきりしたことはわかっておりません。


   幼児期に視力が低下してしまい、矯正しても、見えにくそうな場合は
   注意が必要です。





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ