近視の臨床分類

 近視,近眼は治療,手術で治る時代です!

近視は、その多くは小学生時代から始まり20歳前後で進行が止まります。
その間、生活に大きな支障が発生しないため病気として認められておらず、
たとえ視力回復のために病院に通っても保険が適応されません。
しかし、便宜上近視は臨床症状によって2通りに分類されています。

<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

近視の臨床分類 MENU

単純近視
   <単純近視>    単純近視は別名学校近視、停止性近視とも呼ばれています。    近視の度が比較的軽く、メガネなどで、正常視力(1.0)まで矯正できます。    環境や生活、遺伝などの影響が強く、小学校〜中学校ぐらいから始まり、  ...
 この記事の詳細を見る...
病的近視
   <病的近視>    単純近視とは違い、幼児期の段階から始まります。    なんらかの視覚障害があったり、先天性の軸性近視だったり、    合併症などで、眼軸の長さが長くなったりします。    その他、進行性禁止(悪性近視)というものも...
 この記事の詳細を見る...
仮性近視と近視の違い
   <仮性近視と近視の違い>    近視というのは、目に入ってきた光が網膜に到達する前に焦点があってしまい、    目の中でレンズ的役割の角膜や水晶体の焦点を合わせる働きに異常がある状態    のことで、屈折の異常と呼ばれています。   ...
 この記事の詳細を見る...
近視の多い日本国民
  <近視の多い日本国民>   日本人には近視が多いといわれていますが、それはなぜなのでしょうか?   先進諸国では、近視の人の割合が高いと言われていますが、とりわけ日本人における   近視人口の割合は世界一といわれています。   また、...
 この記事の詳細を見る...
近視は病気じゃないの?
   <近視は病気じゃないの?>    近視は学校教育が始まる小・中学生頃の年齢で発生し始めます。    そしてからだの発育とともに成長段階のある程度まで近視は進行してゆきます。    しかし、20歳前後の成長が止まる頃になると近視の進行も...
 この記事の詳細を見る...


レーシック 視力回復
Last UpDate 2014年4月19日
´
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ