<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

図解!近視と遠視、乱視



正視
seisi1.giftkyo-tower-seisi.jpgp-seisi1.gif
物体の像が網膜上にピントが合う状態を正視といいます。遠くの物を見る場合、水晶体が薄くなり網膜にピントが合います。近くの物を見る場合、水晶体がふくらみ網膜にピントが合います。
近視
kinsi.giftkyo-tower-kinsi.jpgp-seisi1.gif
近視では角膜や水晶体での屈折異常が発生し、網膜の手前で焦点が合ってしまいます。遠くの物はぼやけてしまいます。近くのものはピントが合いはっきりと見えます。
遠視
ensi4.giftkyo-tower-ensi.jpgp-ensi.gif
遠視の場合、網膜の後方で焦点が合ってしまいます。若い頃ははっきり見えますが、通常はぼやけて見えます。近くの物もぼやけて見えます。
乱視
ransi1.giftkyo-tower-ransi.jpgp-seisi1.gif
乱視では屈折率が異なるため何重にも重なって見えます。 遠くの物は屈折率が異なるため、何重にも見えます。近くの場合は屈折率が小さくなるため、比較的はっきりと見えます。





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ