<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

偽近視

   <偽近視>


   目を細めて文字や、物を見るようになったり、首を傾けて見るようになった場合
   「あれ、視力低下かな?」と思われると思います。


   目の水晶体は、遠くを見ると薄くなり、近くを見ると厚くなります。
   その働きが近くをずっと見つめるということで、水晶体の緊張がとけず、いつも、
   近くを見ている(水晶体が厚くなっている)状態になると、遠くを見ても、ぼやけ
   て見えてしまう、ということになります。 この状態を偽近視といいます。仮性
   近視ともいいます。眼科によっては、偽近視という言葉を使わないところもある
   ようです。


   近視の手前だから、偽近視、というわけではありません。
   近視ではないのですが、視力が低下した場合を偽近視といいます。

kasei.gif

   検査などをして、屈折異常が見つかれば、近視、ということになります。
   近視か偽近視か区別は検査をしないとわかりません。


   はじめに書いたように、目を細めたり、首を傾けたり、という場合、
   偽近視の確立も高い、ということです。




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ