<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

屈折性近視

   <屈折性近視>


   勉強や、ゲーム、読書、パソコンなどで、集中して近くを見つめすぎた場合、
   眼軸の長さは正常でも、水晶体が近くを見つめた状態で固定(水晶体が厚
   くなった状態で固定)してしまい、遠くの物を見た場合でも、水晶体が近くの
   物を見た状態(水晶体が厚くなった状態)なので、遠くの物がぼやけて見え
   てしまいます。

kuseetu.gif

   角膜と水晶体の屈折力が強すぎるため、網膜上で焦点が合わず、網膜前で
   焦点があってしまいます。


   網膜前で焦点が合う状態が長く続くと、毛様体が強くなりすぎて、緊張がとけ
   ず、固まった状態となり、屈折近視となります。偽近視、仮性近視と呼ばれる
   場合もあります。


   上に述べた仮性近視と近視の違いも、参考になればと思います。




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ