<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

遠視と老眼の違い

   【遠視と老眼の違い】


   遠視と老眼をよく同じものだと思っている人がいるようですが、「遠視」は「近視」の全く
   正反対の状態を言います。つまり、遠くの物体の像が網膜の後方にピントが合ってしま
   い、そのため脳にはボケた画像となって認識されます。


   遠視は遠くも近くも見えにくい状態なので、理論的には遠くを見た場合もはっきりとは見
   えません。


   しかし、若い人は調節力があるため無意識にピントを調整するための筋肉に力を込めて
   遠くを見ますので、遠方もそこそこ見える事になります。


   遠くを見る場合には「調節力」を無意識的に使用していますので眼精疲労の原因になります。


   それに反して「老眼」は水晶体の機能が低下して、物体の画像が上手く網膜で焦点を合わせ
   ることができない状態をいいます。






老眼イメージ

メガネイメージ



   この水晶体の機能低下は、誰でもが加齢と共に訪れる生理現象で、病気ではありません。
   年齢と共に衰えて近くのピントが合わせにくくなることをいうのです。
   ですから遠視と老視は全く別のものです。ただ、遠視の方はより早く老眼になりやすいという
   ことはいえるでしょう。


   老眼(老視)が進行してくると、手元のものが見えにくくなり、針仕事や細かい仕事していると
   目が疲れたり、新聞を読むときは目から離したりしないと細かい文字がはっきりしないなどの
   症状を起こしてきます。


   近視の人は、その焦点がもともとの手元にあるため、裸眼では新聞が読みづらいなどの老眼
   (老視)現象を自覚しにくく、遠視の人は比較的若い頃から老眼(老視)の症状を訴えることが
   多くなるようです。





レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ