<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

屈折異常と調節異常

   【屈折異常と調節異常】


   視力矯正を必要とする眼の異常には、屈折異常と調節異常に大別されます。

   近視や遠視、乱視は外界から眼に入って来る光が角膜や水晶体の屈折異常で
   起こるもので、網膜の前後にピントが合ってしまう現象です。

   しかし、調節異常は加齢などで水晶体の弾力性が低下しそれに伴ってピント調節
   機能が低下して起こる現象です。その代表が老視(老眼)です。


   [ 屈折異常 ]


   屈折異常とは、物体の像が角膜や水晶体を通過する際に、屈折する割合が合わず
   に網膜で正しく焦点が合わずピントがずれてしまう現象のことを言います。

   近視や乱視、遠視などがその代表です。


    近視


   [ 調節異常 ]


   調節異常とは、加齢に伴い水晶体の弾力性が弱まり徐々に調節力が低下し、
   近い所を見るとき毛様体筋が緊張しても十分な調節力がでなくなる状態をい
   います。

   調節異常の代表は老眼(老視)で、45歳前後から発生します。


   <調節について>


   正視の人が近くの物を見ようとする時、眼は自然に水晶体を膨らませてピント
   を合わせます。 この水晶体を膨らませることを調節と言います。


   調節による最も近い場所で物が見える点を「近点」といいます。
   一般的に40才代後半になると、この近点が30−40cmよりも遠くなり、近く
   の物が見えにくくなります。これを老視といいます。


    老眼


   屈折異常は遺伝性が強い?


   遠視や 近視の主要因となる眼球の大きさの異常は遺伝的な要素が強いため、
   日本人や中 国人には遺伝的に近視になりやすい体質の人が多いといえるかも
   しれません。




レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ