<< 回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!>>

物が見えるしくみ

   物が見えるしくみ


   眼の物が見えるしくみは、よくカメラに例えられます。角膜と水晶体はレンズ、
   虹彩はしぼり、網膜はフィルムの役割ということになります。


   物体を映すとき、カメラはレンズ自体を前後させてピントを調節しますが、眼では
   毛様体筋が伸縮して、水晶体の厚みを調節することでピントを合わせています。


   人が目で物を見るということは、角膜から入った物体の像が水晶体で調節され、
   網膜上で像を結び、その物体の像が視神経を通過し、大脳に伝わって物体を認
   識しているわけです。

   



カメラ


   つまり人の眼の働きは角膜と水晶体を屈折通過して網膜に像が写し出し、
   毛様体が水晶体の厚さを調節し、虹彩が光の量を加減しているのです。

 


正視


   写り方としては、カメラの場合も人の眼の場合も、上下左右逆さまになっています。
   カメラの場合は反転させることにより正しい方向にし、目の場合は脳が逆さまの
   状態に慣らされているので、正しい方向で見えるように感じるようになっています。


   角膜

    角膜は眼球の正面に位置する透明の膜で、一般的には黒目の部分を
    呼んでいます。角膜の主な働きは、外部からの光を通過させ、眼球の
    奥へ光を集めることです。


   水晶体

    水晶体は角膜を通過してきた光を屈折させ、網膜でピントを合わせる
    働きをしています。水晶体は弾力性があり、毛様筋の働きで厚くなったり
    薄くなったりしてその厚さを変形させてピントを合わせています。


   硝子体

    眼球の中身の部分で、無色透明のゲル状の物質で構成されており、角膜、
    水晶体を通過してきた光の網膜までの通り道になっています。


   網膜

    網膜は角膜、水晶体を通過してきた光を感じ取り像を結ぶ働きをし、視神経を
    通じて脳で物体の像を認識します。網膜は非常に薄く0.2mm程度だそうです。






レーシック 視力回復

Last UpDate 2014年4月19日
 
[PR]:アイレーシック最新イントラレーシックレーシック手術(近視レーザー治療)レーシック イントラレーシック遺伝子検査
お問合せ リンクについて このサイトについて サイトマップ